世界の中心には、忘却の海がある。





忘却に、自然の摂理に、逆らおうとするから、ばちがあたる。